Posts in Category: ガーデニング Gardening

今年の大輪系一番花

IMGP5751

イングリッド・バーグマン

年明けに迎え入れた四季咲きHTのイングリッド・バーグマン、よりによって不在時に今年一発目の開花を迎えてしまった!ガーン!

房咲きの予感

IMGP4897

ハープシコード

昨年は一輪咲きしか見せなかったハープシコード。新苗だったからだと思うが、2年目の今年は順調に蕾がついている。一輪咲きもその可憐な姿が好きだったりするのだが、バラを育てている以上、やっぱり房咲きボンボンを見たいでしょう。見たいのです。このまま行くとちょうどGWくらいに一発目の満開を迎えることができそう。

アイビーゼラニウム

IMGP4676

アイビーゼラニウム”マゼンダ”

日曜日はやられた。雨予報だったので、家でおとなしくしていたらまさかの予報ハズレの晴れ?完全に外出意欲を失っていたので、せっせこ内職に勤しむ。もったいないことしたなぁ。。

そして、やっと見つけた。ちょうど1ヶ月ほど前にゼラニウムな話をUPしていたが、スイスで見たアイビータイプはなかなか付近の園芸店に出回っておらず、最後の手段(ネット通販)を使おうかと思っていたところ。が、ようやくまつおえんげいにて母の日商戦用に入荷されているのを見つけた。アイビーゼラニウムと言っても咲き方や花色が豊富なので、相方とあーだこーだ議論しながら、既に本家ゼラニウムのレッドがあるので今回はマゼンダにした。

爆咲きを予感させる予備軍が多数あるので、数週間後には見事な姿になるだろう、きっと。

DIYでフラワースタンド

IMGP4530

ペンキ塗り

まわりは増税増税と慌ただしい雰囲気だったようだが、我が家は大物を買う予定もなく(買うお金もなく)、特にまとめ買いもせず。買ったといえば半年の通勤定期くらいか。。。そうこうしているうちにもう4月。

この冬鉢増ししたせいで少し手狭になってたフラワースタンドを増築した。というほどのレベルのものではないが、ホームセンターで木材買ってきて組み立ててペンキを塗っただけの超お手軽DIY。

ゼラニウム

IMGP4476.jpg

もう梅も咲き始める季節のはずなのに、もう啓蟄だってのに今週はまた寒さがぶり返している。北野天満宮の梅苑にでも行ってみたいのに、まだ五分咲手前だそう。それにこうも寒いと、ねぇ。。気分だけでも盛り上げようと、春のベランダガーデニング向けに、近所のホームセンターでセールをやってたので買ってみた。そう、昨年の新婚旅行でスイスに行った時から絶対に植えようと思っていた花、ゼラニウム。

Winter has come, again?

IMGP4399.jpg

芽吹き

最近ほったらかしだった薔薇。芽が出とるがな。こんなだったのに。2月頭の小春日和から二週連続の雪。もう植物もわけわからんのだろうな。
先週の月曜の話。スキーのスロープスタイルが五輪種目になっていることにようやく気づいた。ハーフパイプは五輪競技に決定したことは風の便りで知ってはいたが、スロープスタイルもだったのね。ちょうどテレビを点けたら女子の決勝をやっていたわけだが、転倒続出のコース設定にいろいろ謂れはあるみたいだけど、ゴールデンの時間帯に中継やってるのはなかなか新鮮だった。どこかの選手(名前は忘れた)が最後の22mキッカーでゼロをやったときは「スゲー」と思わず声に出てしまった。ところでゼロスピンの定義って、昔視線を切り替えてこそゼロスピンだとの論争があったような、なかったような。そんな気がしたが、その定義だと昨日のはスイッチストレートになるのか。
そしてその続きでスノーボードのHP。結果は言うまでもなく、十代って若い。ショーン・ホワイトに引けをとらない高さなんて見ていて気持ちがいい。最近フリーランばかりでほとんどパークには入っていないけど、ちょっと飛んで回してみたい気分になった。先日キッカーで回した時はどうにも着地が重かったのだが、まだ感覚は覚えているので次回は久しぶりに真面目にパークに入ってみよう。

新鉢と剪定と植え替え

IMGP4238.jpg

冬剪定後のバラ

本当はバラの冬剪定は2月頃が新芽が芽吹く直前で良いらしいのだが、この季節のマンションのベランダの寒さはえげつない。だから新しい鉢の導入のついでに、冬剪定と植え替えをまとめてやってしまった。

The 薔薇

IMGP3967.jpg

レヴェイユ、背景がいまいち

晩夏のものより少しピンクが濃くなった印象。最近の冷え込みが影響しているのだろうか。レヴェイユはもう一つシュートについた大輪を予感させる蕾が残っている。この夏、シュートの先端は敢えてピンチせずに一発にかけてみた。来週末には開き始めるはず。ハープシコードは蕾が5個ほど残ってて、おそらく次が今季最後のサイクルだと思う。
来春に向けてもしもう一鉢増やすとしたらどんなのがいい?、と相方に聞いてみたら「これぞ、The 薔薇」が欲しいとの返事が返ってきた。彼女の言う「The 薔薇」とは真紅のバラを指すらしい。ベランダ栽培なのでつるバラは駄目だし、大型種もダメ、あーだこーだ調べている中でとある品種に出会った。それは超メジャー品種で早速この冬流通する2年生大苗をまつおえんげいで予約した。まだ冬も迎えていないが、既に来春が楽しみで仕方ない。

秋から冬へ

IMGP3832.jpg

ハープシコード

順調に咲き続けている我が家のバラ。10月以降秋咲き本番を迎えて次々に咲くもので、開花を数えるのも途中でやめた。いよいよ冬将軍がやってくる季節となったが、もう少し楽しめそう。
タイヤも替えたし、各地から次々と初雪の便り。着々と季節は進んでいる。
(風邪も引いたし。。)

バラ栽培計画

IMGP3067.jpg

前からやりたいと思っていたベランダガーデニング。そしてスイスへ行って更にガーデニング熱がヒートアップ。ただ、転勤族であるため大規模なベランダ改装はできないので、小鉢を中心にコツコツ勉強中。幸いにも我が家のベランダは南南西向き。残暑も和らいだところでようやく秋本番。
ガーデンニングを始めたいと思っている頃に「バラとか育てたいよね〜」「でもなかなか手間も掛かりそうだし、そもそもベランダレベルの日照時間でうまく育つのか?」という疑念もあり、最初はバラ栽培なんて毛頭も思っていなかった。ある日、たまたま近くのまつおえんげいを訪れた時に一面に並ぶバラ鉢を目前に気持ちが揺らいだ。バラと言っても、品種は千差万別。地植えの大型シュラブ型から、鉢植えの小型品種まで多種多様。いろいろ話を聞いている中でベランダでも十分楽しめる品種も数多く存在することを初めて知った。食指さえ動けばこっちのもの。そこからは予習の日々。
遂に我が家にもバラを導入。