志賀遠征

IMG_2996.jpg

うほほ。

世間がオリンピックで熱狂?している最中、やっぱ見るよりやらないと。ということで、3泊と少々奮発して志賀に遠征に行ってきた。金曜日、仕事もそこそこに残ゼロダッシュを決め込むつもりで頑張ってたのに、まさかのドツボにはまり夜中に帰宅。しかもドンピシャのタイミングで爆弾低気圧。早く出ないと通行止めになるな、という第六感を信じて、仮眠を1時間ほど、2時半起床。京都市内も吹雪。嫌な予感。。。3時に自宅を出発したものの、ずっと雪。ちょっとやばいんじゃない?と脳裏をよぎりつつも、車を走らせること、岡谷JCT。道路の掲示板に遂に「通行止め」の文字が。。。


でも、そこは今年は何かを「もってる」オレ?、通行止めが決定したばかりのようで、そのまま安曇野まで高速を降りることなく信州中野まで何とかたどり着いた。10時前に何とか志賀高原到着。今回の宿泊拠点は発哺温泉。結局、関西からも関東からも高速が完全に通行止めになってしまった。我ながら的確な判断だったなぁ、なんてな。うっかり遅出してしまってたら、日曜になってもたどり着けなかっただろうよ。ねぇ、助手席の「助手」ってどういう意味?と、到着まで爆睡だった相方に問いたい。
<1日目>
肝心の初日のコンディションは、予想通り吹雪がすさまじい、特に風。初日は東館のゴンドラも一の瀬のリフトも全滅でだったので、4時間券ジャイアントと西館で足慣らし。こんな日は西館のフード付きリフトはありがたい。足慣らしもそこそこに翌日のパウダーに備える。
<2日目>
2日目の朝。風は強いものの、雪は昨日ほどではない。風が強すぎたせいか、パウダーはいまいちの模様。東京は30cmオーバー?松本で45cmオーバー???マジで?志賀では20cmがいいところか。あれだけTVで大騒ぎしている割には(前日苦労してたどり着いた割には)ちょっと物足りない。おまけにアイスバーンの上にパックされてるせいでなかなかの難易度。ジャイアントの壁斜面で隠れ氷の塊に弾かれながらコース脇のひざ下パウダーを少しだけいただいて、横手山に移動。そう、今季から現れた「アレ」が目的。

IMG_2991.jpg

今回の目的の一つ

これ。スタバ横手山山頂店。日本人はスタバ好きダネ〜、なんて海外のスキー客は行列を横目に思っていたに違いない。山頂リフトに20分ほど、スタバでも30分ほど並んでようやく一杯にありつける。外気温が−10℃以下なだけに、熱々のコーヒーはうまいに決まってるじゃないですか。コーヒー休憩の後は、隣の横手山頂ヒュッテできのこシチューとボルシチ(ソチ五輪にちなんで?)をいただいて、さぁどうしよう。外はいつの間にか吹雪いている。
<3日目>
予報は曇り。起きたら雪。なんだかな〜、なんて思っていたら。やっぱり最後はこうでなくちゃ、雲の切れ目が広がってドピーカンに。ジャイアントの壁バーンで足慣らしした後に東館ゴンドラから一ノ瀬、焼額経由で奥志賀に移動。

IMG_2998.jpg

奥志賀2014

奥志賀は全面ボーダーが滑走禁止なので、人もまばらで昼過ぎになってもパウダーは残っているのがいい。レストハウスも混雑しないし、価格も良心的。コーヒー200円だし。しかもスキーヤーのレベル高い。最近基礎に目覚めた相方にとってはなかなかのモチベーションになっているようだが、それは自分も同じ。どんな斜面でも楽しめるだけのベースを身につけるべく、ちょっと真面目にやってみようかなぁ、なんて思ってみたり。
志賀と言えど、最近のロッカー率は高かった。だいぶ普及してきた感じがするが、これまたみんなスキーがうまい。そしてロッカー板が欲しい。フルロッカーでなくて、ピステもオフピステもそこそこのパフォーマンスで滑れるセミロッカーか、ロングノーズがいい。板を買うとなると、、、夏場の予算計上が必要なんです。
今回の宿泊拠点は発哺温泉。今まで奥志賀、一ノ瀬などなど、そして学生時代の住み込みは発哺温泉といろいろ泊まってきたけど、発哺温泉は志賀エリアの中心に位置しているのでどこへ行くにもアクセスがよい。そして何よりコスト重視であれば発哺温泉がリーズナブルな宿が集まっているのでオススメ。男ならアフター5なんてぬるい、しこたま滑って寝るだけだったらここで十分。ただ、個人的には奥志賀が気に入っているだけに、今後も志賀で泊まるとしたら発哺温泉か奥志賀で迷うところだなぁ。

4 Comments

  1. Reply
    こうぢ 02/14/2014

    何回も何回も志賀遠征をプランしようとするんだけど、でっかいゲレンデ、宿泊、駐車場、etc.を考えると頭が痛くなって断念します。
    出来れば、ryo君プランを詳細にアップしてくれるとハードルが低くなって、体脂肪率が高い僕だって飛び越せそうな気がするんだけど、、、。
    よろしく頼みます。

  2. Reply
    ryo 02/15/2014

    >kojiさん
    すこーし加筆しました。発哺温泉や一ノ瀬を宿泊拠点にして、いろいろ行ってみるもよし、奥志賀拠点にまったりスキーもよし。この辺がオススメですね。蓮池よりも横手側はアクセスが少々悪いので、やっぱり上記がいいでしょう。1枚のリフト券で馬鹿でかいエリアが滑走可能なので、冒険心くすぐること間違いなし。
    何でも聞いてくだせい。そう言えば、相方さんも昔志賀にこもっていたのでは?

  3. Reply
    mie 02/15/2014

    わたくしがこもっていたのは八方尾根です。
    嗚呼、憧れのきのこスープ。
    そういえばこれ、以前は「きのこ雲」スープと言ったよね。
    原爆を連想させるというクレームがあったそうだけど
    結局改名したんだね。
    最近あまりスキーが楽しくなくて・・・
    ここらで一発、刺激が欲しいところです。

  4. Reply
    ryo 02/16/2014

    >mieさん
    お、失礼しました。八方でしたね。スキーヤーの聖地は共通ということでw。
    そうそう、きのこスープに変わったんです。確かに初めて聞いた時は一瞬「ん?」となったもんですが、雲がないほうがやっぱかわいい響きですよねぇ。
    志賀高原、スキーが移動手段だと思える意味では新鮮ですよ。ってそこは山スキーほうがアレですか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.