お宮参りとお食初め

IMGP9908

お食い初め膳 cooked by 相方’s hands

息子が生まれて早いもので、先週で100日が経過した。ぼちぼち春の足音も聞こえそうな2月の最後の日に、お宮参りに下鴨神社へ行って、そのまま自宅でお食初め。

お宮参りは本来生後30日前後で行うものらしいのだが、息子の場合は昨年末がちょうどその時期。さすがに生後1ヶ月には寒すぎる時期でもあるので今までお預けにしていたわけで、ちょうど100日のタイミングでお食初めとセット開催にした。結婚式を挙げた下鴨神社で両家の両親も京都に来てもらって。

当日はバタバタしながら11時過ぎに下鴨神社へ。ご祈祷の受け付けをして控室で待機。間もなく呼ばれて本殿にてご祈祷が執り行われた。※本殿は撮影NG。本殿は予想に反して半分外。かなり寒い。息子はいつもと違う雰囲気に途中で我慢できず。神前で我が子の健やかな成長をお祈りして、 ご祈祷は15分位で終了。その後境内で家族写真を撮った後で自宅へ戻ってお食初めの儀式へ。

ちなみに下鴨神社でのお宮参りの初穂料は世間一般よりは少々お高めであるが、トップの写真の木のお食い初めの食器がついてくる。これが個人的に楽しみでもあったわけで、相方のお食い初め膳フルコースを写真を撮ってみた。素材のせいか?料理の腕のせいか?それなりに「っぽく」撮れている?

IMGP9914

下鴨神社の焼き印

IMGP9925

下鴨神社のシンボル、双葉葵

 最近は関西もぐずつく天気が多いにも関わらず、梅も咲き始めた小春日和のいいお天気だった。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.