生活の立ち上げ備忘録

20150921-IMGP1553

今回かなりの弾丸異動になってしまったので、6月末の辞令から気がついたら既に9月もそろそろ終わろうとしている。不思議な事に7月と8月の記憶が無い笑。手続きだなんだで日々追われていて、かと言って今落ち着いたわけではないのだが、備忘録代わりに書いておきたい。

SSN(Social Security Number)

まずアメリカへ来て一番最初に必要な手続きがこれ。家を契約するにもライフラインを開通するにも、全部この番号が必要になる。最寄りの事務所に行って手続きして、約一週間で番号が郵送されてくるという仕組み。オフィスの近くにSan Joseダウンタウンの事務所があるのだが、ちょっと・・・エリアであるため、持ち物検査や手続きに時間がかかったり難儀するという話を聞いていたので、わざわざ遠いMountain Viewの事務所まで行ってみた。これは正解。持ち物検査もなく、スムーズに30分もせず手続き終了。過去のアメリカ渡航歴を聞かれた時は少々焦ったが。。覚えてないので、パスポートを読み上げるも順番に書いてないんだなぁ、これが。


自動車

これもオフィスの帰国者から譲り受ける予定があったので、それまではレンタカーで過ごす。3年前、借りたその日にパンクという悲劇を経験していただけにかなり慎重にチェックするも、結局のところ祈るしかない。二週間ほどレンタルしていたのだが、返却予定日の3日前からタイヤの空気圧が減っている警告灯が点灯。いやーな予感がよぎるもパンクではなかったのでそのまま乗り続けることに。結局返却日、前輪のタイヤはかなり凹んでいた。危うくまたパンクで泣かされる寸前だった。


家が見つかるまでは会社近くのホテルを仮住まいとするのだが、如何せん居心地が悪い。さすがアメリカ、やはり比較的安全と言われるSan Joseでも危ないところは危ない。オフィスの近くも比較的治安のよろしくない地域のため、未明に酔っ払ったチンピラがホテルの火災報知機鳴らして全員閉めだされたり、非常階段に浮浪者が寝泊まりしてたり、その他ネタはもろもろあるんですが、とにかく早く出たかった。その一心で家探し。

今やベイエリアの地価高騰は超インフレ状態で、会社の予算で探すもののなかなかよい物件は見つからず。せっかくのアメリカだし広くて庭付きで・・・など希望を言えばキリがなく、予算内でそんな住まいは見つかるわけもなく。あるとき見学に行ったアパートが気に入って、でも他にいいとこあったらどうしようとか優柔不断なこと考えてたら、一晩でその物件は契約が成立でさいなら。いろいろと思い描いていたイメージは一瞬で儚き夢に消えたとさ。

半ばどこかで妥協しようかなぁ、と思っていた矢先に不動産屋のお兄さんがリストアップ前の物件を紹介してくれることに。正直あまり期待はしてなかったが、ところがどっこいこれが南向きの庭付きDuplex(二世帯分がくっついてる一軒家)。予算を少しオーバーしてたけど交渉で予算内に入れてもらえることになった。他の物件でもあった話だけど、日本人は綺麗に使うというのが不動産業界では知られているようで「日本人なら・・・」と優遇してくれるケースが多々ある。今回も後で聞いた話、そういうことだったみたい。そして、大家さんも優しいし、治安も良いエリアで、過去の反省も踏まえてここに即決。家が決まれば一安心。住所の決定にともなって諸手続きを進めることができる。家族が遅れて渡米するので、それまでは広い家に一人暮らし。これが思ったより寂しいんだわさ。


電気とガス(PG&E)

オフィスの先輩や同僚に聞くと、みんな不動産屋が代行で手配してくれたと言っているのに、どうやら最近本人確認が厳しくなったみたいで代行できないとのこと。なので仕方なく、最寄りのPG&Eの事務所まで行ってみることに。Accountの作成をしたいのだが、と受付のオバちゃんに声をかけてみるも、明らかに不機嫌そう。いやーな雰囲気が漂いながらもパスポート見せると、そこからはわりと親切に対応してくれた。隣の窓口でどこの国とは言えないが、明らかに揉めている感じを見るに、統計的にそういう面倒なケースがあるのかもしれない、、と思っているうちにカードにアカウント番号を手書きされ手続完了。まだ入国したばかりなのでデポジットは取られたけど、これで電気もガスも確保。


Wi-Fi

実は電気とガスよりも先に欲しかったのがWi-Fi。こちらでは主に選択肢は2つ。ComcastかAT&T。ホテル仮住まい時のWi-Fiが腐っていた(LTEのほうが数倍早い)ので、25/75/150Mbpsの選択肢の中から75Mbpsを選択。これでもやはり日本の時に比べると格段に遅いが、職場がもっとひどいので、相対的に快適に感じてしまう。

ともかく今やライフラインの一つといっても過言ではないネット環境。悪名高きComcastということで、配線工事に時間通りに来ないと思ってたら、思いの外早い時間にエンジニアのお兄ちゃんがやってきた。リビングの壁から飛び出ている配線をチェックするに、これは死んでいるとのこと。なので、新しくケーブルを引き回さないといけない、とか。クローゼットの床をめくって床下を入って配線を引っ張ってきたら、いきなりリビングの壁のどまんなかに穴を開け始めようとする。ちょっと待て、と、もっと下の端の方に開けてくれ、と言うものの真ん中は変わらず下の方にいきなり穴を開けてくれた。。。モデムルーターはレンタルすると高いので事前に購入したWiFi付きのモデムを手渡して、ようやく開通。今やライフラインの一つと言っても過言ではないネット環境が整ったので、一安心。


渡米して2ヶ月弱。船便の荷物も届いて、ようやく生活が立ち上がってきた。残すは免許取得のみ!

2 Comments

  1. Reply
    koji 09/21/2015

    お苦労様です。

    映画で見るような、白いハウスに芝生の庭。ガレージなんかも付いているのかなぁ?
    煙突が見えるけど暖炉付きですか。

    日本人、綺麗に使うけど揚げ物して台所を汚すとかで揚げ物禁止の念書を書かされたと、昔知り合いに聞いたことがあります。

    兎に角、コレでなんとかハード面は落ち着いたのかな?
    あとはソフト面ですね。

    イロイロと大変でしょうが日本魂で乗り切って下さい。

    • Reply
      Ryo 09/21/2015

      >Kojiさん
      ご無沙汰しております。何とか元気に過ごしてます。

      そうそう、ガレージもついててまさに典型的なアメリカンな家なんですが、如何せんこの辺は土地が高いのでアメリカンにしてはこじんまりとしています。お察しの通り暖炉もついてるんですが、まだこっちにきて雨がぱらついたのは2回?しか見てないので、それくらい乾燥しています。なので火事が怖いので暖炉を使うことはないでしょう。冬もそこそこ暖かいですし。

      揚げ物、なるほど。こっちのキッチンって換気扇が貧弱なんですよね。あまり炒めものとかが前提になってないので。でも、中華料理に比べれば揚げ物なんて可愛いもんですよ。敷金ガッポしとられたという逸話を何度か耳にしました。ただ、特にシリコンバレーは本当に多国籍なので、大家さんもある程度免疫がついている方が多いように思います。

      OnもOffもがんばりますよ~!特にOFFは、ね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.