Christmas Tree 2015

20151220-R0001843

Christmas Tree 2015

クリスマスの本場アメリカ。もうThanks Givingが終わった12月初旬から街はクリスマス一色。家族がThanks Givingのタイミングでようやく渡米してきたので、生活立ち上げなどてんやわんやに追われつつも、相方のたっての希望で、樅の木を買ってきてデコレートしてみた。もちろんプラスチッキーなツリーではなく、モノホンです。

実は渡米してくるまで全然知らなかったんだけど、こっちでは偽物のツリーよりも本物の樅の木を飾るほうが定番らしい。当然毎年使い捨てになるのだけれど、切りたてのフレッシュな香りを楽しみながら「あぁ、もうそんな季節だなぁ」と感慨にひたるらしい。11月末のThanks Givingでも同様にクリスマスが近づいてくることに感慨に耽るらしいので、アメリカの年末は忙しい。

で、肝心のツリーについて。事前情報では家族でTree Farmというクリスマスツリーの農園に行って自分で切ってくるのが一番リーズナブルでいい経験ができて、なにより切りたてなので樅の木の香りを長い間楽しめるらしい。ただ、家族の事務手続きや生活立ち上げでそれどころではなく、我が家は今年は近所のホームセンターで切られているツリーを買ってきた。ちなみにツリーはWhole Foods(スーパー)でも売られており、Thanks Giving明けの数週間はよく車の屋根にツリーを縛って走っている車をよく見かける。

ホームセンターに行ってみたはいいものの、駐車場の一角にツリーの特設売り場があってツリーが山積みになっている。写真はうっかり撮り忘れ。その中から気に入った木を選んで店の中のレジで先に会計。そして、木の末端を少し切って新しい切り口を出してもらって車に積み込む流れなんだが、家の中にそんなでかい木が入るスペースもないし、最初の年なので3-4ft.の小柄な木を選んで会計して少し根本を切り出してもらってトランクに積み込んで持ち帰る。無論、その間相方と息子は家で夢の中(お昼寝中)。台座は来年を見据えて大きめの8ft.のものをチョイス。ツリーを固定して水を入れて、仕上げはターゲットでオーナメント買ってきて、デコレート。スカートを履かせて完成。

20151221-IMGP1900

20151221-IMGP1898

20151221-IMGP1891

毎回スタバに行くたびに気になってたスタバのオーナメント。合計$10以上買うとポイントが貰えるというキャンペーンに釣られてSan Franciscoバージョンを購入。今年も早いもので残すところあと一週間ちょっと。毎年この時期に思うけど、今年はあっという間に終わってしまいそう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.