平等院鳳凰堂

IMGP7367.jpg

平等院、鳳凰堂。


9月から改修工事に入るということで、三室戸寺のついでに足をのばしてみた。
10円玉の表面の絵であまりにも有名な鳳凰堂、過去に一回行っているはずなのに、過去記事が見当たらない。あれ?
ここは修学旅行生が多い。宇治方面は平等院、伏見稲荷、東福寺を京阪とJRの沿線でまとめれるのが良い。

IMGP7343.jpg

IMGP7345.jpg

IMGP7375.jpg

シンボルとも言える鳳凰像は、本堂の屋根についているのはレプリカで、本物は鳳翔館に。撮影が禁止なので写真は撮れないが、鳳凰もさることながら”雲中供養菩薩像”がすごい。仏像で唸ったのは、今のところ三十三間堂の”千体千手観音立像”とここくらいか。
あと2ヶ月で2年間見納めになります。お早めに。

2 Comments

  1. Reply
    koji 07/01/2012

    10円玉や。
    木造の建造物は、ナンボでも眺めてられる。
    桁、垂木、枕木・・・・ホント、うっとりするぐらい手の込んだ作業。
    すごいね。昔の人は電気もないクレーンも無い、そんな時代に建てたんだもんね。
    見に行きたいなぁ。

  2. Reply
    ryo 07/01/2012

    >kojiさん
    そう、10円玉です。本当は10円と同じアングルで撮りたかったんですが広角持ってなかったんで斜めからです。
    おぉ、kojiさんも木造フェチでしたか。森にある大木も触ると手のひらを介して伝わるものがありますが、数百年ものの柱も同じく伝わるものがあるんですよ。人力もさることながら緻密に計算して組み上げられた建物は垂涎モノですよね~。
    今月は祇園祭もありますし、いかがです?ちと暑いですがw。

Leave a Reply

Your email address will not be published.