サイコンを再考 – Garmin Edge 820

物欲が止まらないこの冬。クレカのポイント期限という後押しもあって、サイコンもついにGarminにいっちゃいました。

CATEYE Stealth 50を使い始めて約5,000kmに達したので再レビューも、総じて満足なんですが、やはり気に入らないのがバッテリー駆動時間。公称10時間ではあるが、実質は8時間程度。週末ライダーで8時間を超えて走ることはそうそうないのでそれ自体が不満であるわけではないんですが、ズボラな性格ゆえ、ちょっと充電し忘れると残念な結果になるのがストレスだった。それに、最近少し駆動時間が減ってきたような。。。対策としてモバイルバッテリーを接続しようにも充電するにはドックへの接続が必要。そうなるとマウンタに干渉してハンドルに付けれないので必然的にザックの中に。ただのGPSロガーじゃん。GPSロガーとしてだったらもっと安くて使い勝手が良いものもあるので。。。

加えてやはりナビ機能がほしい。Stealth 50はナビなしのGPSつきサイコンとしてはかなり安く買えたしコスパは最高なんだけど、住宅地の路地は入り組んでいるし袋小路は多いし似たような景色だし、やはり道に迷う。ナビと言えば、スマホをナビ代わりに使うという手もあるが、ハンドル周りにでかいスマホをつけるのはビジュアル的に少々抵抗がある。おまけにバッテリーの問題もあるし。サイコン代わりに白ロムの中古スマホを買うことも検討したけど、そのためだけにデータ通信をプリカで契約するのもなんだかなぁ。かといって、信号やポイントポイントでスマホをポケットから取り出してルート確認するのも面倒くさくてしかたない。

それらを一挙解決するにはやはりGPSナビ付きサイコンを買うしかないという結論に至る。ナビ付きサイコンと言えばほぼGarmin一択となる。Garminと言えばOregon450で随分とお世話になって、今のスマホに比べるとどうしようもならないくらいのタッチパネルのもっさり感が懐かしいが(今でも現役)、最新機種ではどのくらい進歩しているのだろう。一方でGPSナビ付きサイコンの最新モデルのEdge820は、既に発売され約1年弱。海外サイトでレビューも十分情報が上がってきている中で、ネックはやはり価格。Garminはアメリカでも強気の価格設定でなかなかディスカウントされない。Amazonでも定価。よく利用する通販サイトのほぼ全てで定価販売されているのだが、ここへ来て物欲にトドメをさしたのは期限切れ間近のクレジットカードのRewardであった。

で、ポチってしまったわけ

スピードセンサー

ケイデンスセンサー

ハートレートセンサー

150kmほど走ったので早速イニシャル・レビュー。

Pros

  • バッテリー。公称15時間。ナビを使っているともっと短くなるけど、ナビは基本使わないので必要十分。充電もMicro USBなので利便性もGood。
  • スマホ、PCとの連携。走ったあとのログは、スマホにGarmin Connectのアプリを入れておけば、Bluetoothで自動で同期。その上ネットワーク上でも同時に同期するのでPCからもすぐにログがチェックできる。おまけにStravaとも自動で同期する設定にしているので、もう便利すぎてもう手放せない。
  • Garmin Connectの使い勝手。これは思ったよりも良かった。今のところ、ルート作成はGarmin Connectで作っておいて、ログについてはStravaをリンクさせておいてそっちで管理している。Stravaでルート作成しても良いのかもしれないけど、スマホアプリとの連携性を考えると今のところGarmin Connectがいい気がする。
  • 内蔵ストレージ。マイクロSDなどの外部ストレージでないのが少々残念ではあるが、16GB内蔵なので必要十分か。サードパーティのマップや事前作成のルートをガンガン放り込んでも余裕あり。
  • センサー類が全て無線でスマート。反応も上々。

Cons

  • ナビゲーション。と言ってもナビは使わないので明確な短所というわけではないが。。普段はGarmin ConnectやStravaで予めルートを書いておき、走行中はそのマップを表示しておく。そうすれば迷うこともないし、行程がスムーズになる。しかし、もしも予定を変更して行き先を変えようものなら、スマホのGoogle Mapと比較しようがないくらい操作性が悪い。あくまで補助的な機能として割り切る前提である。
  • タッチパネルの操作性。”the capacitive touch display is responsive — even when wet or used with gloves.”、この表記は嘘やがな。静電容量方式でレスポンスがいいってどこがやねん。スマホに慣れすぎてどうにもこのもっさり感はイライラする。連続で画面をタッチすると、特にマップを表示している場合は読み込み速度が遅すぎてフリーズしたんかと思ってしまう。でも、これがGarminらしさだったりする。
  • 多機能?まだまだ機能が多すぎて使いこなせていない。前述のタッチパネルの操作性の悪さから、なかなか効率よく機能が発掘できない(笑)。

やはりセンサー関係やGarmin Connectとの連携など、かなり具合がいいだけに操作性のストレスはもったいない。かと言ってパフォーマンスを上げるために価格がこれ以上上乗せになるのであれば、この仕様で我慢しようとも思うが。。。うーん、適正価格というものがわからない笑。

ベイエリアは相変わらずの雨続きでこんなにも自転車熱が上がってきているのに全然乗れない。。そろそろ洒落にならんようで、ダムの決壊だー土砂崩れで通行止めだー、とめどなくそんなニュースが流れてくる。来週から3月だし、そろそろ晴天率が上がってきてもいいと思うのだが。頼むぜ、お天道様。

Leave a Reply

Your email address will not be published.