Lynskey Sportive Disc 2017 組み上げ完了

Lynskey Sportive Disc 2017

週末に合わせたかのように35℃オーバーの猛暑日が続く。一番いい季節を見事に逃したなぁ、と悔しい思いをしつつもやはり新車はわくわくするもの。半日みっちり時間をかけて組み上げた。

基本は先代からの移植のため、特に大きなシステムの変更はない。ただ小物はちょいちょい変更を加えている。フレームを無地にしたので全体的に地味な感じが拭えない。そこで、ブルーの差し色を加えてみた。

近所をかるーくシェイクダウンしてみたところ、なかなか調子は良い。フレームが先代より気持ち小さいのでよりポジションがフィットしている気がする。先代のサイズが合ってなかったということか。金属むき出しの無垢材もなかなかひんやりしててかっこいい。光の当たり方で色味も変わるところもまた良かったり。早速まとまった距離を走ってみよう。

2 Comments

  1. Reply
    ヨウメイ 06/18/2017

    新車完成おめでとう!
    ヨーロッパ車とは違うアメリカンなシルエットがカッコイイじゃん。
    チタンフレームの知識はほとんど無いんだけど中々にマッチョなチューブなんだね。
    テーパーのヘッドチューブの迫力がスゴイ!

    しばらく乗れなかった鬱憤を晴らさないとね。
    盗難に気をつけて~

    • Reply
      ROHT 06/18/2017

      どもども、ありがとうございます。そちらも自転車いじりは順調なようで笑。

      フレームの発注も色々と紆余曲折を経てようやく納車と相成りました。
      金属むき出しの無垢材で、かつアメリカンな親父ビルダーが作った無骨なシルエットです。そうですね、思ったよりもチューブが太くて骨太感があります。塗装がないのでコツコツ当てても気にならないところが素晴らしい。

      積もりに積もった鬱憤を早速晴らしたいところですなんですが、猛暑と出張続きでどうなることやら・・・。

Leave a Reply

Your email address will not be published.