Lake Tahoe

日本は盆休みで少し仕事も落ち着く(はず)ということもあり、平日休みをくっつけて2泊3日で昨年に引き続き、Lake Tahoeに行ってきました。今年は2回目かつ相方の希望ということもあり、ビーチでのんびりすることに照準を置いた旅行です。今年は冬の雨の影響で水量が多く、なかなか見ごたえのあるタホの景色が広がっておりました。

初日はゆっくりスタートで昼前にTahoeに到着。まずは定番のEmerald Bayの景色を見るべく向かうもなかなかの混み具合。路肩に車を停めて写真だけパシャリ。今年は水量が多いせいか昨年ほどのエメラルド感はないけれど安定のいい景色。

このあとビーチでのんびりと思っていたのですが、夏のハイシーズンの土曜日ということもあり、とにかくどこも混んでいました。ビーチはもうどこも駐車場が満杯で車を停めることすらままならない状況。South TahoeからNorthに向かってみるものの、駐車場から溢れた車が路肩を延々と占拠しており、そもそもビーチがどこにあるのかもわからない。翌日の本戦(?)を見据えて状況が理解できたのは収穫だったと思うしかない。

結局初日は渋滞のなかドライブしただけで疲れ果てて終了。翌日に備えます。

日曜朝、本当はNorth EastのSand Harborのビーチが良さげと思っていたのだけれど、前日のすし詰め具合を見た相方が昨年行ったChimneyがいいと言い出したので急遽そちらに。ここはビーチまで駐車場から少々ハイキングが必要になるのが難点だけれど、アクセスの悪さから割りと空いているはずというのが当初の目論見。9時に現地に着くも、まさかの駐車場は満車。路肩に止めようにも少し離れたところにしか停めることができず、少し歩く羽目になった。

駐車できたのが少し離れたところだったので、そこからだとChimney BeachよりもSecret Beachのほうが近いことに気づく。急遽そちらに行き先を変更して行ってみるも、まさかの既にビーチが満杯。というか、Google Mapでチェックしてたのよりもビーチが圧倒的に狭い!?どうやら今年は水量が多いせいでビーチの面積が減っているようだ。Secret Coveは断念して、そこからChimney Beachに向かうことにした。(あとですれ違った夫婦に「Secret CoveはNudist Beachだから子連れはやめときな!」という忠告をいただきました。既にそのときはChimneyからの帰りだったので結果オーライだったのですが、いやーSecret Coveにしなくてよかった。)

Chimney Beachに到着。想像通り、少し出遅れた割にまだ空いている。早速砂浜にピクニックシートとパラソルを設置。全身にピクニック装備を身に着けていたため、ビーチまでのハイキング写真はなし。

水の透明度が半端ない。水中メガネを買ってくれば良かった!と思わせる透明度。魚もちらほら見える。湖面の標高が2000m近いことと、水温も水源が雪解け水のためやや冷たいけれど、陽が昇れば何とかなる。高地は紫外線が強いせいか、背中が日焼けでヒリヒリだ。

息子にとっては、先月の一時帰国で鷹巣海水浴場で少し海に入った以来の海水浴(淡水浴)。まだ深いところは怖いみたいだけれど、砂遊びに波打ち際の水遊びとご満悦だったよう。

お弁当を食べて昼過ぎに撤収。往路で写真がぜんぜん撮れてないので、復路でChimney Beachを振り返ってパシャリ。

こんなハイキングコースを30分ほど歩きます。荷物の9割のボッカは私が担当です。

この日は早めにホテルに戻って、ホテルのプールで二回戦。翌日はあいにくの曇り空で朝はゆっくりしてそのまま帰路につきました。日程的にかなり余裕のある我が家では珍しいのんびり旅程の夏の休暇。車で4時間強で来れるので夏の定番旅行になりそう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.