Skylineで栗拾い

相方のママ友つながりで仕入れて来た情報を元に栗拾いに行ってきました。なお、栗は英語でチェスナット(Chestnut)。マロンではございません。(マロンはフランス語)

自宅から車で30分ほど山の中に入って行くとSkyline Chestnutsという農園があります。アメリカではあまり栗を食べる文化がないせいか客はアジア人が主。入口の看板にルールが書いてあり、至ってシンプル。入口に置いてある革手袋とカゴを持って、勝手に農園に入って収穫。出口で重さを測ってお金を払って出るという仕組み。

樹齢はゆうに100年を超えているだろう、立派な栗の木が点在しています。ほのぼの栗拾いをイメージして来たのに、思いの外急坂で、どうしてもアクセスしにくい方に栗がたくさん落ちている。おまけに栗のイガってこんなに鋭かったっけ。と言うくらい革手袋を貫通するので痛い痛い。。

一時間そこそこで収穫した量、約3ポンド。後半は木の枝と足を使って、革手袋を使わずに収穫する方法を思いついたので効率アップ。バケツ満載の手慣れたグループもいくつかいたけれど、多すぎても腐らせてしまうので、まぁこんなもんでしょう。

取り急ぎ、少量をまず焼き栗にしていただきました。小ぶりながらホクホク甘くて美味しい。残りは相方がどう料理しようか思案中。

Leave a Reply

Your email address will not be published.