KYOTO TRAIL WEST KITAYAMA and ARASHIYAMA

IMGP5272

北山杉

久しぶりに陽気に恵まれた週末。ソロでゴリゴリと京都一周トレイルの北山西部を踏破してきた。北山西部のコースは全長20km弱のロングコース。ちなみに総距離は東山のほうが25kmと長い。本当は何日かで刻もうと思ってはいたが、コース全域が山の中なので東山のように途中で離脱しにくいのも難儀なところ。なので、今回は二ノ瀬から嵐山まで、北山西部+αを一気に踏破してみた。

IMGP5198

叡山電鉄

6:00、自宅を出発。阪急と京阪、叡山電鉄と乗り継いで、貴船の一歩手前、二ノ瀬で下車。7:25に二ノ瀬を出発。羨ましいかな、人によってはGW初日のはず。その割には、ここからスタートする人はいないようだ。ちょっと時間が早いのか?

IMGP5207

わかりやすくもわかりにくい看板

北山西部は二ノ瀬から回る場合、序盤に登りが集中している。アルプスとは比べ物にならないくらいの標高差なのだが、久しぶりの登りで思った以上にしんどい。。。しかも早朝のはずなのに日差しがきつくて暑い。。

IMGP5209

夜泣峠

トレイルの途中には、こんな感じで要所要所に解説用の看板があるので迷うことはないし、昔にこの場で何があったとか、地名の由来とか、解説があるのが親切。

IMGP5217

ヤマツツジ

今はヤマツツジの季節。トレイルの至るところで咲いている。新緑のなか、ヤマツツジがアクセントになっているのも素敵。

と、ここで問題発生。向山の山頂手前でルートをロスト。えっらい下って行くので何かおかしいと思い地図を見返してみたら、やはり等高線の間隔と下って行くペースがおかしい。しかも方角は西に向かうはずなのに、南に下っている。やはり、うっかり作業用の下山ルートに迷い込んでしまったらしい。尾根に登り返して向山の山頂で合流。道を間違えたと気づいた瞬間は、無駄な体力を使ってしまったし、それか序盤ゆえ気分もげんなり。。

IMGP5224

向山山頂

で、ガイドブックや事前調査によると向山の山頂からは京都盆地が一望できるはずだったのだが、、、木が邪魔で全然見えんのでスルー。

IMGP5225

休憩ポイント

北山西部の前半はこんな感じのベンチ付き休憩ポイントが多々あるのが嬉しい。でも、まだ人には会わない。そして寂しい。。

IMGP5227

トレイル

向山を越えてからはゆるやかな下りが続く。

IMGP5233

山幸橋(さんこうばし)

下りが終わる頃、9:00に山幸橋に出る。ここからまた登りが始まる。

IMGP5243

盗人谷一の橋

山幸橋からは高級木材である「北山杉」の林を登っていく。途中「盗人谷」を通るが、名前の通り、「昔、峠を越えて都に来る商人が襲われていたから」みたいなことだろうと思っていたが、ぐぐってみると意外にそれを裏付けるような資料はないらしい。でもきっとそういう由来だろう。そうであってほしい。橋は老朽化していて通行不可。脇に通行用の橋が併設されている。

IMGP5248

これまたすごい木

IMGP5252

トレイル脇で、ゼンマイ見っけ(たぶんシダ?)

IMGP5257

盗人谷三の橋

ここも橋は老朽化していて木は朽ちていた。ここも脇の谷から迂回。

IMGP5261

北山杉

IMGP5269

整備された北山杉の林

今回の北山西部コースの最後の峠、小峠。この峠付近は北山杉の若い林があり、その中をトレイルが走っている。異様に真っ直ぐな林なのでなんとなく錯覚に陥るのか、不思議な気分。本格的な登りはこの小峠までなので、あとはひたすら下りか水平移動。気分はだいぶ楽になる。

IMGP5277

氷室の田園風景

小峠から北山杉の林を抜けると、開けた田園風景が現れる。思いの外暑くて水分が少なくなってきた。自販機が欲しい。

IMGP5281

若い北山杉

IMGP5283

氷室神社

IMGP5286

京見峠

氷室からはひたすら舗装路を歩くことに。森や林の中はどれだけでも歩けるのに、舗装路はじわじわと体力が奪われる。。そんなところに次々と自転車ヒルクライマーがやってくる。

IMGP5303

山の家はせがわ

途中分岐点があるが、北側のコースを選ぶと、「山の家はせがわ」を通る。手作りログハウスのハンバーグが美味しい(らしい)洋食屋さん。京都府立植物園から北大路に向かうときにいつも通るので気になっていた「はせがわ」と姉妹店らしい。いつも行列ができているのは知っていたが行ったことはないので、要チェック。

IMGP5296

ねこちん

IMGP5301

いっぷく

お手洗いとお水をいただいたので、お礼にアイスティーを注文してしばし休憩。のどかないいところだわ。

IMGP5311

京都盆地、一望

向山で見れなかった展望がようやく見れた。春霞かな、少し霞んでいる。腹が減った。

IMGP5312

沢ノ池

11:30、沢ノ池に到着。ちょうどお昼時、完璧な時間配分。ここは車やバイクでも来れるので、家族連れや釣り人、BBQをしている中高年団体がいた。

IMGP5315

おじゃまたくし!

IMGP5322

本日のランチ

今回の裏テーマはランチ。米を担いで歩きましたとも、炊飯とカレーのために。隣の方で中高年の団体がBBQしながら飯盒でご飯を炊いていたので、それに触発されて気合を入れて炊いてみた結果、なんと成功。きっと成功だと思う。付け焼き刃の割にはうまくいったので、これは後日別記事でまとめようと思う。→こちら

IMGP5343

トレイル

燃料補給で完全復活。ほぼ水平か、ゆるい下りなので、ペースも自ずと加速する。

IMGP5346

暑いわけだ

ようやく高雄に到着。道路の気温表示は27℃。道理で暑いわけだ。まだ4月と思ってて油断した。

IMGP5350

高雄

高雄は実は今回が初めて。今の季節は青もみじが密に茂って、これまた綺麗な景観だった。さぞかし秋の紅葉の時期は見応えある風景になるのだろう。要チェック。

IMGP5356

清滝ダム

高雄からは川沿いにゆるやかに下っていくことになる。散策路が川沿いに通っているので歩きやすいし、青もみじが綺麗。秋も高雄→清滝を散策するのはちょうどいいコースかもしれない。夏も涼しそう。

IMGP5366

北山杉のトレイル

IMGP5369

潜没橋

高知の四万十川に「沈下橋」というものがあるが、要はそれと同じことで、増水時に沈ませることを前提に作られた橋。余裕があればここで休憩しても良さそう。

IMGP5380

清滝(愛宕山登山口)

14:00、清滝に到着。北山西部コースはここで終わり。ちょうど清滝のバス停で京都駅に向かうバスにタイミングがバッチリだったので帰っても良かったのだが、やはり嵐山まで歩かないとあかんでしょう。しょーもない意地のせいで+5kmほど、嵐山まで歩くことにした。もちろん遠くはないが、近くもないし、6時間ほど歩きっぱなしで足はガクガク。

IMGP5384

嵯峨野嵐山

さぁ、こっからは観光客でごった返しているのを覚悟しながら進んでいく。嵐山の竹林なんかはすごい人。すれ違う観光客の2/3は外国人というのも、さすが京都嵐山。

IMGP5387

渡月橋から

無事渡月橋へ到着。すごい人。ここから何とか阪急嵐山まで辿り着いて、ようやく帰路に着く。総踏破距離は約25km。

京都一周トレイルは、残すは西山コースのみ。ただ、苔寺も松尾大社も行ってるのであまり新鮮味のあるコースではないのだが。

IMGP5363

途中で見つけたニホンイシガメ

街中で見るカメはミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)ばかりで、最近めっきり見ることがなくなったニホンイシガメをコースの途中で見つけた。しかも二匹。

<コースタイム> 6:00 自宅発 → 7:25 二ノ瀬駅 → 7:50 夜泣峠 → 8:25 向山 → 9:00 山幸橋 → 9:30 盗人谷三の橋 → 9:50 小峠 → 10:00 氷室神社 →  10:25 山の家はせがわ → 11:30 沢ノ池 → 13:05 高雄 → 13:35 潜没橋 → 14:00 清滝 → 14:50 阪急嵐山駅

Leave a Reply

Your email address will not be published.