Whole Foods

DSCN0698.jpg

Whole Foods on 6th St in Austin

とある地元の人が言っていた。
「アメリカ文化を感じたければWalmartへ行け」と。


元々Oklahomaのいいところを聞いただけに予想外の回答であったが、スーパーやホームセンターは確かにアメリカを一番感じれる場所かもしれない。実はスーパーは割と好きな方で、こっちでも些細な用事でもよく寄ったりする。
Oklahoma Cityには大手スーパーは主に3つある。
ひとつは”Walmart”。ここは言わずもがな、世界一巨大なスーパーチェーンであり、ここにもそこら中にある。
2つ目は”Buy For Less”。ここは地元のスーパーチェーンで、他のスーパーよりも安いのが売り。ただ、安かろう悪かろうなので個人的にはあまり好きではない。水はひたすらここで十分だが。
3つ目が”Whole Foods”。Austin, TX本社で世界中に店舗を構えるどちらかと言うと高級志向のスーパー。オーガニックやグルメにこだわったスーパーで、他のスーパーに見られないユニークなものも多い。割と近くにあって、暇な時など用事もないのに行ってみたりする。そんなお気に入りのスーパーマーケットだが、先週末の連休を利用してAustin, TXに旅行した際に、せっかくなので創業地のフラッグシップストア(要は本店)に行ってみた。

DSCN0708.jpg

フラッグシップストアということで、全店舗の中でも最大級の敷地面積を誇る(8,000平方メートル、サッカーコートよりも更に広い!)。Oklahoma CityのWhole Foodsもデカいと思ったが、そこよりも倍くらいデカい!!!

DSCN0684.jpg

DSCN0685.jpg

DSCN0686.jpg

DSCN0687.jpg

DSCN0688.jpg

DSCN0689.jpg

DSCN0691.jpg

DSCN0695.jpg

DSCN0699.jpg

DSCN0702.jpg

DSCN0712.jpg

Whole Foods、社員の半分以上は調理師免許を持ったシェフ!だから惣菜がうまい(らしい。ランチのあとに寄ったので今回はパス。)。おまけにオーガニックと新鮮さに徹底的にこだわっていて、食に対してあまり関心を持っていなかったアメリカ人の思考回路を変えるほどのインパクトを与えたのがこのスーパー。妥協なき志向でここではコーラを売っていないと聞いていたのだが、本当に売ってなかった。
また惣菜やワイン、チーズなどは店内にカフェエリアがあってそこで飲み食いできるようになっている。このシステムと品揃えが他のスーパーとの差別化になっているようで興味深かった。屋上のテラスもオープンスペースとして開放されており、店内で買った惣菜などを食べながら勉強している学生や子供連れの主婦の集まりなどで賑わっていた。
世界各国に店舗展開しているが、残念ながら日本は未開拓。イメージ的にはデパ地下が近いと思う。当然価格設定は高めであるが、デフレの昨今でもなかなかいい勝負ができそうな気がしている。。たぶん。。
はっきり言って、下手な史跡や博物館よりも断然おもしろい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.